top_kari

Simple is Best
80MBに全てを。

「BrowserLinuxを勝手に日本語化計画」へようこそ!

低スペックでもサクサク動く軽量OS「BrowserLinux日本語版」のサイトです。
BrowserLinux日本語版とはpuppymartin氏のBrowserLinuxをベースに「シンプル」さを追求し色々と改変したPuppyLinux派生版(Puplets)です。

お知らせ

ver03-8&ver04-1作ってみました。ダウンロードよりどうぞ。

特徴

  • Google Chromeを採用
高速で知られるGoogle Chromeを採用しました。Adobe Flash Playerも導入済なので動画共有サイトでも支障ありません。
また、AAをズレずに表示可能なフォントを使用しています。
  • 多彩なファイルを再生可能
Mplayerで低負担で再生でき、Alsaplayerで音楽ファイルをシャッフル再生できます。
また、音楽CDやDVDにも対応しています。
  • 高速起動&サクサク動作
  • 起動時のメモリ使用率は僅か50MBなので古いパソコンでも快適に操作できます。

動作条件

PuppyLinux公式サイトによると、
CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上
メモリーは128MBでも動きますが、できれば256MB以上あれば快適に使えます。
お使いのパソコンにLinux SwapパーティションがあるとパピーはそのSwapパーティションを利用します。
Google Chromeの公式サイトによると、
Intel Pentium 3/Athlon 64 以降

仕様

ベースOS:browserlinuxCL11.iso(PuppyLinux4.3.1相当)
Webブラウザ:GoogleChrome 12.0.742.12
メディアプレイヤー:Mplayer version 1.0rc3-svn-31792
ミュージックプレイヤー:AlsaPlayer 0.99.80
日本語入力:scim-anthy-1.2.7+anthy-9100h.patch

  • 最終更新:2012-02-06 00:20:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード